白ご飯のお供を求めて -タナカのふりかけ わさび編-

 さぁ今回は丸美屋シリーズから一旦離れて「タナカ」のふりかけを試してみようと思う。 ふりかけのメーカーと言えば丸美屋・永谷園・三島食品など色々あるが、個人的に言えば子供のころから慣れ親しんでいたのはこの「タナカ」のふりかけシリーズだった。

 今日はそんなタカナのふりかけで味「わさび」を頂くことに。初めて食べる味だ。

 早速ふりかけてみる。

 なるほど、わさび味という事で全体的に緑色なのかと思っていたが海苔はもちろん、黄色のたまご味の粒やふりかけの具の定番白ごま、あとはカツオ味だろうか茶色の粒も入っていて見た目は結構カラフルな印象。

 割合的にも、ワサビの粒が主役というよりかは‟メンバーの一員”という感じ。しかし、ひとくち口にすると驚いた。

意外にもワサビがめちゃ効いてる!!!

 ふりかけられた状態を見た感じそんなにわさびまみれじゃないのに案外ツンと鼻をを刺激される。ワサビ大好き人間なのでとてもうれしい。

 今回のふりかけクッキングには少し悩んだ。ワサビって油分と混ざると辛さを感じなくなるからだ。
なので脂分を使わないおひたしにふりかけることにした。

 さっと茹でたほうれん草と短冊切りにした大根、ゆずポン酢をかけてふりかけをかけた。すぐに出来上がり。

 いい感じのおひたしの完成。これからあたたかくなったらさっぱり冷たい料理もおいしい。

 頂いてみよう。んんまぁまぁかな、白米の時ほどにわさびの主張がない。そしてほかのゴマとかカツオの粒あたりがいい仕事してる感じでわさびふりかけじゃないみたいなになってしまう。

 ということで今回はタナカのふりかけわさび編でした。

 こないだの三島の「ひろし」とこのタナカの「わさび」を使ってお茶漬けをたべてみたいな。次回試してみようと思います。
 わさび味のふりかけは色々なメーカーから発売されているんで沢山試してゆきたい。

コメント